住み替える前の査定が売却成功への一歩

住み替えで家を売却する前に一括査定を!

家の住み替えを考えたら、まず行動プランを作成しましょう。 新しい家が決まっていたら、そこへ転居する迄に旧宅を
売却する必要がありますね。

 

旧宅を売却して、新居へ移転するまでの時間的余裕を考慮に入れて旧宅を売却するための作戦を考える必要があるのです。

 

住宅の住み替えをする時には、不動産市況に会った手順を踏むことです。売却と購入の手順や時間読みを間違えると資金ショートが生じるかも知れないからです。

 

不動産市況が悪くて不動産価格が下落傾向にある時には、まず現在居住している住居を売却しまずて資金を確保しましょう。

 

不動産市況が良くて不動産価格が上昇傾向にある時には、住み替える住宅価格が上昇する前に
早目に購入した方が良いでしょう。 その後に自宅を売却すれば高めに売却することができるでしょう。

 

住み替えの行動プランを作成したら、まず一括査定で行動スタートです。↓  ↓  ↓  ↓  ↓


仲介業者や担当者の見極め方とは?

住み替えで自宅を売却する場合、不動産屋さんに仲介を依頼しますね。 自宅を売却する時点での不動産市況にもよりますが、
まず、一括査定で自宅の査定を依頼しましょう。

 

この時点でひとつの不動産業者に決めるのでなく
できるだけ多くの査定情報を集めることが重要です。

 

少数の査定例では、その時点の不動産市況は、良く分かりません。 ある程度の数が集まれば市況動向を何となく把握することができます。
一括査定の目的は、売り出し価格相場がどのあたりになるのか
ストライク・ゾーンは、どのくらいの範囲かを掴むためです。

 

売り出し価格の大体の範囲が把握できれば、その後の販売戦略も立てやすくなるでしょう。

 

そのような基礎情報を入手したら仲介会社の選定です。
大手や中小、地元の小さい不動産屋さんといろいろありますが
最近では不動産情報もレインズで広く公開されています。
大手でも地元の不動産屋さんも大体同じ情報を目にしていて情報差は、ほとんどありません。

 

しかし、それぞれの会社毎に販売手法や取り組み方には特徴があります。 そこを見てください。
また、仲介をどの会社にするかという視点よりは、どの担当者にするか考えるべきです。
数ヶ月続く販売活動期間中は、担当者と密接にコンタクトを取り
緊密なコミュニケーションが必要となるでしょう。

 

まずは単純に気が合うかどうか、相性が良いかどうか見極めましょう。
売主の疑問や不安に誠意を持って答えてくれるかどうか
詳細な説明をキチンとしてくれるかどうかも重要なポイントです。

 

担当者を見極めるには、的を得た質問をすることです。
例えば、以下のような質問で担当者選びの参考にしましょう。
★ どのような販売手法、戦略を取るのか。
★ 売り出し価格をどのくらい維持し、どの時点で値下げを考えるか。
★ 販売するターゲットとしてどのような属性を考えているのか。
★ レインズへの登録はいつ行うか、登録証明は、何時もらえるか。
★ 販売チラシ、広告、自社ルート等広告活動はどのように考えているか。

 

このような質問に対して納得行く説明が得られない場合には
他の業者を選定する方向にするべきでしょう。
分からないことは質問する、分からないと言って業者の言いなりにならない。
売主としてしっかりとした方針を維持することが大切です。

 

まず、以下をクリックして、一括査定で売れる価格ゾーンを把握しましょう。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

不動産売却一括査定「イエウール」